スローコアピロー ストレートネック 口コミ レビュー

スローコアエクササイズをやってみる。

 

スローコアピローのエクササイズは枕を正しく首の下に置くところから始まります。
テキストの通りに枕を当てないと効果がでないと思います。

 

こういわれると
「難しい?私には無理?」
こう考えてしまいそうです。

 

でも安心してください。
スローコアピローの枕は優秀で人に合わせる幅がききます。

 

枕を首に当て、足をあげたりしてチェックします。
また枕の向きで高さがかわります。

 

枕を正しく調整してこそエクササイズが効力を発揮します。

 

いよいよエクササイズ

 

枕を正しく設置したら、いよいよDVDを観ながらエクササイズです。

 

「ふんふん。簡単な動きだなぁ。これで本当に効果があるの?」

 

これがDVDを観た最初の感想です。

 

首を横に振る動きから始まって、顎を回したり、腕をまわしたり。
特に難しい動きはありません。またキツイと感じるうごきもありません。

 

エクササイズと書いていますがよく考えると身体をほぐすのが目的です。

 

DVDやテキストの表紙にも「ほぐす」「緩める」「整える」と書いてあります。
もしDVDの動きを速くやったり、力をいれてやったらほぐれるどころか
ますますこわばってしまいそうです。

 

簡単な動きなので、DVDを観なくてもすぐに出来るようになります。
ここで注意しなければいけないのが、ついつい速く動かしてしまうことです。

 

後から気が付いたのですが、速く動かしてしまうとあまり体が楽になりません。
ゆっくり動かしてこそのエクササイズです。

 

エクササイズのスピードにチェックが必要

このあたりを考えると、時々DVDを観ながら速さと動きの大きさのチェックが必要です。

 

よく書籍で写真と説明だけのものがありますが、
そういう物と比べるとDVDの伝達力はものすごいです。

 

エクササイズをしていて、ここがわからないということもありません。

 

DVDの動きをそのままやると効果がありますが、
管理人はDVDよりも少し遅めに身体をうごかしています。
そうすることで効果が大きく感じたからです。
この辺は個人差があるので、慣れてきたらいろいろ試してみてください。

 

いろいろ新しい発見があるかもしれません。


 

 
トップ