Huluストアがオープン都度課金(TVOD)を開始。メリットは?

huluストアとは?

2020年6月5日にhuluから正式にhuluストアを開始するとアナウスがありました。

huluストアとは何かというと、Huluの会員向けにレンタルや購入の作品を配信するサービスです。

レンタルや購入にはその都度お金がかかります。

その都度お金がかかるので”都度課金(TVOD)”となります。

会員向けのなので、新しく登録はいらないみたいです。

huluストアの開始は6月10日からです。

huluストアはhuluと何が違う?

huluストアとhuluは何が違うかというと、ストアの方は視聴するのにお金がかかるということです。

今間で全作品見放題で月額933円(税別)だったhuluにとって課金で動画を配信するのは初めてです。

huluのメリットだった、全作品定額見放題は崩れてしまいました。

ただし、都度課金で視聴する作品はhuluストアで購入すると書いてあるので、今までのhuluとは別れるようです。

PPV作品を配信することで、他の動画配信サービスと合わせた形になります。

huluストアのメリットはなに?

huluストアは都度お金が必要ということはわかりましたが、お金を払うメリットもあります。

huluの公式アナウスによると

Huluストアは、インターネットを介し作品単位で都度課金する仕組みの動画配信サービスです。劇場公開から間もない最新映画、海外ドラマの最新シーズンや音楽ライブなど見放題サービスではご提供できない作品を豊富にラインナップ。お好きな作品がレンタル/購入※可能になります。

以上のようにアナウスされています。
要は新作は見放題ではありませんと言うことのようです。

huluストアで配信予定の作品は?

huluからの発表で配信予定の作品についてもありました。

huluストアの配信予定作品

  • 「AI崩壊」
  • 「Diner ダイナー」
  • 「グリーンブック」
  • 「パラサイト 半地下の家族」※7月3日(金)配信開始予定

だそうです。

今間で見放題だった作品はどうなるか?

配信予定の作品はわかりましたが、今まで新作がほぼリアルタイムで見放題だった作品はどうなるのか?

その点については何もかかれていません。

例えばほぼリアルタイムで配信されていた、「ウォーキングデッド」などは見放題のままなのか気になるところです。

海外ドラマもhuluストアで配信と書いてあるので、気になります。

できれば、今で見放題の作品はそのまま本家のhuluから見放題で配信してほしいです。

気になるレンタル料金はいくら?

一番きになる料金ですが、作品によって違うと発表がありました。

huluのアナウスであった作品のレンタルチ料金ですが、

  • 「AI崩壊」 ¥550 (税込)
  • 「Diner ダイナー」 ¥550 (税込)
  • 「グリーンブック」 ¥550 (税込)

となります。

他のVODサービスと比べても平均的な価格設定です。

レンタル期間ですが、30日間です。

この点は太っ腹です。

他のVODサービスはもっと短いのがほとんどです。

ダウンロードは可能か?

huluストアの作品はダウンロード可能です。

ダウンロード機能をお使いいただければ、オフライン環境でもレンタルした動画が視聴が可能になり、移動中や外出先でも通信量を気にせず映画やドラマを楽しむことができるので、大変便利です。

新作でダウンロード可能なのは嬉しいです。
huluはお客さんにやさしいので、ますます好きになります。

huluストアの作品を視聴する機器に変更はあるのか?

huluストアの作品の視聴に対応したディバイスですが、今でと変更はないようです。

スマホ、タブレット、パソコン、Amazon Fire TV、PlayStation4、Chromecastなどでも視聴可能です。

新たに、何か購入しないといけないということもありません。

まとめ

この記事のまとめです。

  • huluストアは6月10日から運用開始
  • 配信される作品は劇場公開間もない作品や新シーズンの海外ドラマなど
  • レンタル料金は作品によって違う
  • 視聴対応ディバイスは今まで通り

以上となります。

 

おすすめの記事